東日本大震災における「何でもやります隊」の活動とその意義

「何でもやります隊」の活動は、避難者とともに生活することで表に出にくいニーズを顕在化することや、地域の保健師の活動を本来業務にできるだけ早く戻すことにも一定の貢献を果たした。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐藤 健 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
情報共有 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集