生活復興感から見る仮住まいのあり方について -名取市現況調査2年分のデータから-

東日本大震災における借り上げ仮設住宅制度の在り方は、自立再建が可能な被災者にとっては非常に有効な方法であるが、そうでない世帯にとっては困難が生じやすい制度であるといえる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
松川 杏寧 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集