外国人集住都市における東日本大震災以降の地域防災の取り組み

防災事業の内容を見ると、言語ボランティアの登録・育成と多言語情報の提供に関する事業が多い。外国人人口割合が高い地域の多くは、多言語支援の仕組みづくりに関する事業を実施している。地域毎で防災事業実施状況が異なり、近畿ブロックでは多くの事業が実施されている傾向が見られた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
楊 梓 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集