津波襲来地における防災に関する教訓継承の取り組み -岩手県大船渡市綾里地区の田浜集落での事例-

集落内にある3本の沢筋や集落外の野形集落の不動滝などの水や、電気などのエネルギーを必要としない薪・練炭などを用いた竈・ストーブ・炬燵などの暖房・調理器具、断水しても利用可能は汲み取り式のトイレの活用など、豊かな自然環境と昔ながらの道具を大事に使い続けてきたことにより、都市的ライフラインが途絶した中でも自立的な生活継続が可能となった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
池田 浩敬 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難所 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集