津波襲来地における防災に関する教訓継承の取り組み -岩手県大船渡市綾里地区の田浜集落での事例-

田浜地区では、空き家を利用し集落内に2箇所の自主的な避難所を設置した。2箇所合わせてピーク時では、10世帯くらいが生活していた。空き家と言っても、家族が帰省した際などに使えるように日常から管理されており、布団や食器などの生活用品も整っていた。避難者のプライバシーの確保、コミュニティの維持、行政が設置した避難所の混雑緩和などにも貢献した。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
池田 浩敬 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
避難所 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.5 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集