震災後に仮設商店街が果たした役割に関する研究 -いわき市浜風商店街を対象として-

このような日常的に買物を行う商店街に,飲食店のような気軽に交流できるような空間が設置されていたこと,商工会という地域に関する情報を把握した主体が配置されていたこと,イベント参加の場を継続的に提供していたことにより,仮設商店街が住民の情報交換の場所や交流の場所としての機能を果たし,さらに住民の心境,意識や行動に影響を与えてきたと考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
梅本 通孝 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集