気仙沼市津波被災者の生活復興感の現状 -2012年3月から2015年1月の変化-

被災者の生活復興感と具体的な生活事項の回復感の関係を見てきた。生活事項回復感が,そのままその時期の生活復興感に結びついてはいないが,4年間の回復の積み重ねが現時点の復興感を支えていることがわかる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
小田切 利栄 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
住民 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集