生活再建支援施策に関連するプロセスの可視化

事例より,人選が丁寧に行われ,自治体の顔として被災者に接する人員が,生活再建支援員に選考されたこと が分かった.また,研修・講習会が定期的に開催され, 活発な討論・意見交換がなされていたこと,支援員の抱 えるストレスの緩和につながっていたこと等が明らかに なった.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
河本 尋子 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
生活再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集