仙台市の食を中心とした在宅被災生活

一般家庭など,小規模な備蓄においては,食糧備蓄の内容が比較的工夫しやすい.日常的に消費しながら の備蓄を心がけると同時に,家族構成や健康面など, 各家庭の事情に加え,普段からの好みや噌好品も考慮 するなどの工夫が重要であると考えられる.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
守 真弓 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
備蓄 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集