仙台市の食を中心とした在宅被災生活

日常的に生活物資を多めにためておくこと,
すなわち水・食料を中心とした備蓄が非常に大切であ るという事がわかる.備蓄食糧を多く確保していると精神的にも不安やストレスが緩和され,隣近所や知人 を気遣うゆとりが出て来る.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
守 真弓 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
住民 
カテゴリ:
備蓄 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
東日本大震災特別論文集  
掲載巻ページ:
No.4 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 東日本大震災特別論文集