災害初動期における災害廃棄物量の把握システムの構築 −2016年熊本地震でのケーススタディによる−

2016 年熊本地震における災害廃棄物量の把握を試み,災害廃棄物量の把握システムを用いることで,災害直後,すなわち,地震発生後半日から 1 日程度で,ある程度の精度で地域メッシュ別,市町村別に災害廃棄物量を把握することが可能になるといえた.

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
平山 修久 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
災害廃棄物処理 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.30 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
熊本地震 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)