米軍による日本国内での災害救援 -阪神・淡路大震災以降の展開-

具体的な課題は,①救援の決定を巡る手続きの明確化,②実施される個々の国内災害救援の日米安保条約上の位置付けの明確化,③二次災害への備えを含む関連制度の自治体への周知と運用の明確化そして,④自治体と米軍との直接的な協力枠組みの構築の 4点である

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中林 啓修 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
救命・救助 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
地域安全学会論文集 
掲載巻ページ:
No.30 
出版者:
地域安全学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 地域安全学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)