経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動評価手法に基づく既往の大規模地震における宮城県白石市緑が丘団地での強震波形の推定

2011年東北地方太平洋沖地震(波形全体)によって対象斜面に作用した地震動は、他の2地震によって対象斜面に作用した地震動よりもかなり大きなものであったと考えられる。しかしながら、1978年宮城県沖地震、2005年宮城県沖地震、2011年東北地方太平洋沖地震(前半部分)によって対象斜面に作用した地震動の大きさには、大きな差異はなかったものと推察される。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
秦 吉弥 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本地震工学会論文集 
掲載巻ページ:
Vol.14, No.1 
出版者:
地震工学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本地震工学会論文集