災害復興検討過程における安全確保と地域再建の選択分析 -東日本大震災における気仙沼市2地区を事例として-

東日本大震災の復興では、発生頻度と津波高さによる区分けにより浸水リスクを許容する減災という言葉が使用されている。持続的な社会の実現に向けた防災の在り方として本来の減災は、地域ごとの特性により守るべきものの選択と合意を行い、そのための安全確保の方法を決めなくてはならないのではないか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
荒木裕子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第5号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)