災害復興検討過程における安全確保と地域再建の選択分析 -東日本大震災における気仙沼市2地区を事例として-

東日本大震災後の津波への安全対策は、まず防潮堤の位置や高さを確定させ、その後内側の計画検討を行うことを前提として進められている。海と密接な関係をもつ今回の事例地区において、海との関係を考慮せずに作られた安全計画は、住民グループには地域社会の再建と両立できると考えられていなかった。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
荒木裕子 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第5号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)