被災地における記憶の総合化のための復元模型の活用方法に関する研究  -気仙沼市内湾地区における復元模型ワークショップの中で得られた証言を通じて-

東日本の多くの被災地において震災前の街空間を喪失したという事態は、その街に暮らし、関わってきた個々の人々における喪失体験であり、物理的な一つの事象を超えて極めて多様な意味を有している*2。被災した人々にとってのグリーフワーク*3として、震災前からその土地に醸成されてきた文化を震災後の世代に継承していくために、そしてその土地における防災・減災の知恵を形成し、受け継いでいく上でも、震災前から震災後にわたる、個々の記憶の総合化に取り組んでいく必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
槻橋 修 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
日本災害復興学会論文集 
掲載巻ページ:
第5号 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 日本災害復興学会論文集
関連URL