こころのケアのあり方を巡って

こころのケアの目的は、被災者が持っている回復力(レジリエンス)を発揮しやすくすることである。回復力を強化するのは、災害直後の状況なら安全と安心の確保であり、復興期には生活再建が進むこと、役割を回復することなどであろう。そのために、さまざまな領域の支援を組み合わせながら、時にそれぞれの垣根を踏み越えながら、長期に支援を提供することが重要となる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 寛 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
こころのケア 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)