被災者の奮う生命、共感、支援、自立 -足湯ボランティア「つぶやき」の分析から-

早くそのような被災者を見つけ、専門家につなぐことができるなら、専門家の治療によって回復を早める事が出来る。またそのよ
うに診断される前に、外部の支援者や周囲の人々が、被災者の心を開き、悩みを少しでも解決できるような、生活環境の安定に心がけるなら、回復も早く、またPTSD にならずにすむかもしれない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
似田貝 香門  
フェーズ:
応急復旧期 復旧復興期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
こころのケア 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL