「福祉避難所」ならぬ「ケアつき避難所・ケアつき仮設」を   阪神・淡路大震災を体験した者として

現在ある高齢者福祉施設は、一旦緩急の際はすべてがケアつき避難所としての機能を果たすべきである。行政は、このことを前提とした高齢者福祉施設の立地環境と建設、居室等の配置基準を設定すべき時代に入っている。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
中村大蔵 
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
社会福祉施設 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
阪神・淡路大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)