災害時要援護者とは 用語法の複雑性と支援のあり方

災害時要援護者の問題に触れることで、防災と福祉との関連性は理解できたが、さらに地域への浸透を図るとなると教育という側面も加味しておかなければならないのではないかということである。教育というのは防災教育という意味合いが第一に想起されるが、災害時要援護者の避難場所というのはたいてい地域の学校であるわけで、そういった意味においても教育部門の行政職員・教職員にも関心をもってもらいたいのである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 栄一  
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
企業・学術機関 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)