災害時要援護者とは 用語法の複雑性と支援のあり方

市町村は自らが作成した名簿を積極的に地域に提供していこうという姿勢が求められる。また、義務づけられている避難行動要支援者名簿というのは、概念的に災害時要援護者よりは狭いカテゴリーと解されているが、あまりにも範囲が矮小化されないように範囲の設定を検討すべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 栄一  
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
行政 
カテゴリ:
要配慮者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)