災害時要援護者とは 用語法の複雑性と支援のあり方

特別基準を設定することによって、たとえば、福祉避難所の開設、高齢者・障害者等に配慮した食事の提供といった支援も可能になるのである。ただ、このような支援が可能であることを、平常時から行政や地域が共有しておかないと、災害直後からの運用は難しいだろう。かつ、特別基準は、例外的な措置ではなくて設定して当たり前という認識が求められる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 栄一  
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
支援団体 
カテゴリ:
社会福祉施設 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)