災害時要援護者とは 用語法の複雑性と支援のあり方

このフェーズにおいて想定しておくべきことは、地域において要介護者、障害者、乳幼児、妊産婦といった人たちが住んでおり、一般の避難所には一時的であれ、そういった人たちが避難してくるということである。そういった人たちを受け入れる体制を今のうちに整えておかなければならない。これらの体制づくりのためには、普段から行政―専門家―地域などが連携して取り組んでおくことが重要となる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 栄一  
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
地域組織 行政 
カテゴリ:
避難所 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)