災害時要援護者とは 用語法の複雑性と支援のあり方

災害前においては、防災知識の普及、防災訓練の実施、避難所・資機材等の整備、要援護者の把握・支援体制の構築が期待されている。地域における防災活動を発展し、継続させて行くには、地道な防災教育や訓練の実施は欠かせない。要援護者の把握であるが、避難行動が困難な人たちだけを把握するに留まらず、避難後において特別な配慮が必要な人たちもあらかじめ把握しておく必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 栄一  
フェーズ:
直後・初動期 応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.6 №1) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)