震災復興におけるまちづくりのあり方

本設の空間とソーシャルキャピタルと資本の小さな三角形をなるべく速く作りたい、ということが復興を推進する側の意志であろう。非営利復興を長く続ければ、いずれ本設の空間へ投資がまわる可能性はある。とはいえ、それは短期では成し遂げられない。では、その三角形の形成途上の状態を、単なる途中経過として無視するのではなく、中長期間における定常的な状態として位置づけて、安定させることが必要なのではないか。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
饗庭 伸 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)