3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

どれだけ現在の需要を正確に把握し、必要最小限で市街地・集落を造ったとしても、人口減少という大きな流れの真っ只中、むしろその最先端にいる中では、その完成の翌日からその縮小プロセスに入ることになる。したがって、予めそのようなプロセスもプランニングの中で考慮しておく必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)