3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

ここでも重要なのが、前述の単なる事業にとどまらない「まちづくり」への展開である。すなわち、設計者が地区の地勢や歴史等を読み取った上で設計することは言うまでもないとして、それに加えて住民に対して街の歴史を残すことの重要性を十分に説明し、理解してもらった上で、参加手続きなり協働の手続きを進めていく、ことが求められる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)