3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

開発の量が限られている中で、どこに開発を誘導し、どのような都市形態を目指すのか、という点である。単に各事業が別個独立してそれぞれの地区内に閉じこもり、その中で事業の「成功」を目指すのではなく、より全体的な見地から、さまざまな状況の変化に応じてどの地区のどの事業を優先的に行うのか、どこに優先的に人口を配置・誘導するのか、そのプライオリティを決定するということである。その意味では、都市レベルのマスタープランなりグランドデザインなりが必要になる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)