3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

区画整理事業、移転事業、道路事業など、各事業に関連する市役所のどの部局も、これらの住民には対応することがなく、いわば「放置」されている状態になっている。そのため、一部の住民は、「自分たちの住んでいる地域は見捨てられている」と感じており、それも遠因となって、復旧の状況も芳しくはない。このような地域においては、専門家派遣等を通じた住民支援を行いつつ、小さな事業をきめ細かく入れて地区環境の改善を図ることや、避難などのソフトも含めたまちづくりを進めることが、今後の課題である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)