3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

単に基盤を整備するだけではなく、その基盤を人々の「豊かな生活」が可能になるように予めカスタマイズしておくことが必要になる。そのためには、まずは地区住民がどのような街をこれから作っていきたいのか、に関して、共通理解を有していることが重要になる。さらには、基盤整備が終了した後の街をどのように作っていくのか、作り終わった後の街を(ソフト的な部分も含めて)どう使っていくのか、という点についても、予め話し合っておく必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
まちづくり 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)