3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

人口減少と財政難という二つの事象が車の両輪のごとく自治体を負のスパイラルの道へと誘導する中で、一般の自治体においても公共施設の整理統合が大きな課題となってきている。被災自治体にとっても復興プロセスは、そのようなメンテナンスを最小化するような各種施設の整理統合・合築を行うチャンスでもあり、またそれに失敗すると今後の自治体経営を危うくするリスクでもある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)