3 年目を迎える復興計画策定プロセスの現状と課題

防災部門が単独でこれのような防災施設を建設するのではなく、各種事業を地区レベルで総合化し、事業間の調整を積極的に行うことを通じて、多機能を有する『やりくり』型の施設整備を進めていく必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
姥浦道生 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
防災施設 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)