散逸した地域遺産を再構成する  石巻市東岸の天然スレート民家・集落をめぐって

広域・散逸・多数ゆえに文化財の観点で保護措置を講じることは容易ではない。何らかのインセンティヴを与えつつ、集落ごとの産業復興を図り、自立的な活用保全を促すようなスキームが望ましいと考えられる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
大沼正寛 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
経済支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)