岩手県山田町における震災復興まちづくりの課題  震災復興土地区画整理事業等による地域整備

町全体の土工量(工事で移動する土の量)が約500万㎥となる。町外搬出土量約200 万㎥を2ヶ年で搬出(大槌、釜石方面)する計画であるが、搬出路が国道45 号しかなく、工期厳守のためのダンプの台数確保、渋滞緩和策、安全対策の検討が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
國澤 正明 
フェーズ:
その他・非該当 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
沿岸部 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)