東日本大震災の復興事業の3つの再検証ポイント

土地区画整理事業が事業手続きに時間がかかることから、現地再建意向が減ってきているときいており、この観点からも、土地区画整理事業の規模が過大になっている可能性が高い。このため、現在都市計画決定がされている地区の中で、実際に実施する土地区画整理事業の施工の区域を減らす制度的仕組みの検討が必要である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
佐々木晶二 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
復興計画 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)