住民の声反映した移転事業 手間をかけた福島県新地町の取り組み

集団移転を中心に新地町の取り組みを概観した。決してスピード優先ではなく、意向を慎重に探りながら住民に納得してもらえるように進めた結果であり、図らずも「急がば回れ」を示した。ただ、「住民のニーズは何か」という根幹を押さえているから、国とも調整して被災宅地の買い取り価格の早期提示を実現したり、地元職員中心に移転先の用地買収を早期に終えたりと、時には大胆にアクセルを踏むメリハリの効いた対応ができたといえる。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
所澤 新一郎 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
集団移転 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL