住民の声反映した移転事業 手間をかけた福島県新地町の取り組み

計画の「下方修正」を余儀なくされており、住民の意向を正確に把握することが課題になっている。それには自治体側が現状や展望、再建の選択肢を住民にきちんと伝え、情報を共有する努力が欠かせない。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
所澤 新一郎 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
集団移転 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第9号(Vol.5 №3) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL