東日本大震災とこれからのコミュニティ形成

もう一つは、災害公営住宅のみならず自力再建を支援する仕組みづくりである。現在「町外コミュニティ」=災害公営住宅の整備と議論が矮小化されかねない。それは受入先自治体の住民の同意を得るために、大規模開発を敬遠したために、「分散型」の災害公営住宅による拠点整備を選ばざるを得なかったこともある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
丹波史紀  
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
コミュニティ 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第6号(Vol.4 №2) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)