被災者台帳は、「事前に」準備すべし  ~大震災の教訓:準備なくして被災者支援は機能せず~

今後、住民基本台帳を中核とした被災者台帳を基盤とする被災者支援業務を行っていくうえで、次の点を指摘しておきたい。・自治体の危機管理意識の少なからぬ高まりによる庁内の横断的対応と組織の強化が喫緊の課題となっていること。・支援者や支援団体の取り組みと連携が非常に重要であり、自治体と住民、及び各種関係団体との真の協働(相互理解)を再評価すべきこと。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
吉田 稔 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
支援団体 行政 
カテゴリ:
被災者支援 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第6号(Vol.4 №2) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL