浪江町における「復興」検討過程から見えること  ~復興の再定義、ガバナンス、原子力災害の受け止め方~

今は浪江町という一自治体が国の「支援」を受け、主体的に課題の抽出や克服策の案出、具体的な取組みにチャレンジしているが、この問題自体は「支援」ではなく、我が国全体でいかに対応していくべきか、リソースを持つものがいかに主体的に取り組んでいくかという次元ではじめて克服可能となる課題である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
玉川 啓 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
原発対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第6号(Vol.4 №2) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)