適正な除染は、放射線防護の考え方とバランス感覚 -福島の除染は、研究室や会議室ではなく「現場で」行なわれている-

環境省がするべきことは、現場での数万円を渋るのではなく、中間貯蔵施設に関連する数百億円を削減する努力である。もっと自治体の工夫を導き出す工夫をすることが、除染費用全体のコストを下げることにつながるのである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
半澤隆宏 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
原発対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第6号(Vol.4 №2) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)