適正な除染は、放射線防護の考え方とバランス感覚 -福島の除染は、研究室や会議室ではなく「現場で」行なわれている-

生活圏の除染は、そこに住む住民の理解と納得を得る必要がある。効果的・効率的な除染のためには、現場の判断を重視しなくてはできない。線量に応じた現実的な現場の除染に対応できていないガイドラインは、早急に改定すべきである。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
半澤隆宏 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
行政 
カテゴリ:
原発対応 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
復興 
掲載巻ページ:
第6号(Vol.4 №2) 
出版者:
日本災害復興学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 復興
関連URL
登録者の他の教訓(コンテンツ)