東日本大震災から2年を迎えた被災者の現状 -「被災者1000人調査」から見えてきた声

この課題を乗り切るためには「発想の転換」が重要である。1つは10年という長期的展望で物事を考えることである。阪神・、淡路大震災でも、すまいが戻り、地域が戻り、経済が戻り、そして最後に生活が戻っていく道筋が見えたときには、震災から10年以上が経過していた。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
木村 玲欧 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報