東日本大震災から2年を迎えた被災者の現状 -「被災者1000人調査」から見えてきた声

また震災前の地域への帰還については、約3分の2が「地域に戻らない」と答えており、その理由として「津波に対する不安」「除染が進まない」「住まい確保の見通しがたたない」と回答していた。被災者は 「すまいの決断の時期」を迎えており、直ちに実現可能かどうかではなく具体的なすまい再建の道筋を示す必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
木村 玲欧 
フェーズ:
復旧復興期 
対象:
住民 行政 
カテゴリ:
住宅再建 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報