新しい津波減災対策の提案 -「個別訓練」の実践と「避難動画カルテ」の開発を通して

以上の記述からは、阪神・淡路大震災以降に批判されてきた一方向の情報伝達モデルが、南海トラフの巨大災害に関する新想定の公表時に、依然として改善されていなかったことがわかる。この問題に対処するためには、専門家・行政は、ニュートラルなリスク評価という魔術を通して、ただ一人危険を知る神としてではなく、2つのリスクの間を往還しながら、地域住民とともにアクテ
ィブなリスクを分かち合うパートナーとして地域住民の前にあらわれる必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
孫 英英 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
リスクマネジメント 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報