帰宅困難時における行動選択の要因

このように、基本原則が一般に浸透したとしても、実際、首都直下地震等の大規模災害時において、人々が原則どおりに動く保証はない。必要なのは、災害時に何が人々の帰宅行動を促進あるいは抑制するのか、まずその要因を明らかにすることである。その上で、災害の想定に応じ、人々の帰宅行動を予測し、防災対策につなげていくことである

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 健 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
帰宅困難者 
場所:
市街地 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)