帰宅困難時における行動選択の要因

こうした帰宅困難者に刔する誘導訓練や図上訓練は、各都道府県のみならず市町村レベルでも近年活発におこなわれている。しかしながら、こうした訓練では、自治体や即|練参加者が貴重な経験を積むことができる一方で、訓練から十分な知見を引き出せていないのが現状である。つまり、多くの訓練では、訓練実施後に参加者に対してアンケートをおこなっているが、その結果は、単純集計にとどまっているのが現状である。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
加藤 健 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
行政 
カテゴリ:
帰宅困難者 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)