「減災」社会を支える災害情報 ~情報の伝達者の立場から~

そうした日常的な自治体と住民の取り組みが災害時に生きる。というより災害時の情報が防災に生かされるためには、日頃の自治体と住民の共通認識が不可欠なのだ。したがってメディアは災害が発生した時だけでなく、日ごろの自治体と住民の防災の取り組みや連携にも関心を持って取材する必要がある。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)