「減災」社会を支える災害情報 ~情報の伝達者の立場から~

そのためメディアには情報を発信する側に専門用語や数字やデータを少なくするように常に働きかけ、時には専門用語を咀嚼したり、かみ砕いたり、イラストを使ったりして、わかりやすく伝える取り組みが求められることになる。また情報がどのような手段で伝えられ、受け取られたかという過程全般を検証することも重要だ。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
応急復旧期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
情報伝達 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)