「減災」社会を支える災害情報 ~情報の伝達者の立場から~

想定を超える自然災害が頻発するようになったことと、現在可能な対策の選択から、さまざまな災害の分野で「減災」の考え方が主流になってきているが、情報によって社会の防災意識を高め、避難を進めることはそれほど簡単なことではない。なぜなら災害情報には様々な課題があり、災害情報を取り巻く環境や態勢にも多くの問題を指摘することができるからだ。

作成日:
2018/04/16 
作成者(論文:筆頭著者,報告書:発行機関):
山崎 登 
フェーズ:
直後・初動期 
対象:
その他・非該当 
カテゴリ:
防災教育 
場所:
その他・非該当 
区分:
論文 
掲載誌名:
災害情報 
掲載巻ページ:
№12 
出版者:
日本災害情報学会 
災害種別:
東日本大震災 
関連する学術論文・資料等
  • 災害情報
登録者の他の教訓(コンテンツ)